自分の肌がイエローベースか、ブルーベースかをチェックして、チークを選びましょう。

自分の肌のトーンに合わせてチークを選ぶ

MENU

自分に合うチークの選び方

自分の肌に合うチークの選び方って、実はよく分かりませんよね。
こちらでは、肌のトーンから見た似合うチークの選び方をご紹介していきます。

 

まずは、自分の肌のトーンを知るところからです。
日本人女性の肌は、大きく分けると「イエローベース」「ブルーベース」に分けることができます。

 

イエローベース
  • 全体的に黄みがかっている
  • 頬や唇の色味はコーラル系やサーモン系
  • 地毛や瞳がソフトでやわらかい色合い
  • 日焼けすると肌が小麦色に焼ける

 

イエローベースの肌に合うチーク

オレンジ系チーク

イエローベースの方には全体的に暖かい色合いが似合います。
ファッションも寒色系より暖色系。そして真っ白よりもクリームがかった色がよく似合います。
そんなイエローベースに似合うチークは、やはり暖かみのあるコーラル系やオレンジ系

 

青み系のピンクは肌から浮いてしまいがちなので、サーモンピンクやアプリコットなど、少し黄みがかった色を選ぶと肌によく馴染みます。

 

 

ブルーベース
  • 全体的に青みがかっている
  • 頬や唇の色味はローズピンク系
  • 地毛や瞳がダークブラウン~黒の落ち着いた色合い
  • 日焼けすると肌が赤くなる

 

ブルーベースの肌に合うチーク

ピンク系チーク

お肌がブルーベースの方には全体的にはっきりとした色合いが似合います。ファッションも原色やパキっとした色の組み合わせを着こなすことができます。
そんなブルーベースさんに似合うチークは、ピンク系
とくに、青みがかったピンク系のチークがぴったりです。
ローズピンクやピンクベージュなど、ピンクの色味が強い澄んだカラーを選ぶようにすると良いでしょう。

 

逆にオレンジ系のカラーは肌がくすんで見えてしまうため、避けるのが無難です。

 

 

自分の肌のトーンをしっかり把握することで、
「なんだか肌から浮いてしまう」
「顔がくすんで見えてしまう」
といったお悩みを解消してくれます。

 

チーク選びで失敗しないために、自分がイエローベースの肌なのかブルーベースの肌なのかチェックしておきましょう。

ファデーションの選び方はこちら